2017年人気イルミネーションスポット「カレッタ汐留」汐留エリアではSLや新幹線のイルミネーションも楽しめる

イルミネーション

先日、汐留にミネーションを見にいってきました。
2017年のクリスマスシーズン、カレッタ汐留ではB2屋外広場のカレッタプラザで、ディズニーの名作「美女と野獣」の世界観を光と音楽で表現したイルミネーションショーを展開しています。


JR新橋駅を降りてカレッタ汐留に向かいました。「汐留口」鳥森口改札を出て汐留方面に進むと地下通路に通じる階段を下ります。


地下通路を進みもう一度階段を降り「汐留シオサイト」と書かれた看板がありますので矢印方向へ進むだけです。駅から歩いて3分ほどで着きます。

途中に地下通路と結ばれたB2F「ライトタワープラザ」のイルミネーションも見れます。


カレッタプラザに来ると「美女と野獣」のイルミネーションショーは行われています。今年は青を基調にしたイルミネーションに加え、主人公ベルの衣裳を連想させた黄色のツリーも登場しています。


会場を見渡すと魔法の薔薇やキャンドルが装飾され、映画「美女と野獣」をイメージした世界観に気分が盛り上がります。

時間帯にもよりますが、人気イルミネーションスポットだけあってすごい混雑していました。

開催期間は2018年1月1日・2日の休業をのぞけば、2017年11月16日~2018年2月14日までと長いので、気軽に写真を撮りたい人はクリスマス後でもいいのかもしれないですね。
イルミネーションの点灯時間は11月16日~12月31日は17時~23時まで、2018年1月3日~2月14日は18時~23時までとなっています。
22時までの15分おきにイルミネーションショーがあります。

 


カレッタ汐留地下2階では「美女と野獣」をイメージしたフォトジェニックスポットがあります。


カレッタ汐留46Fでは「美女と野獣」の体験型パネルを展示しています。


ブースの中央に置かれている白いバラのオブジェに近づくと人感センサーが働いてブースの中央に置かれている白いバラのオブジェに近づくと人感センサーが働いて、様々な仕掛けが動き出します。


雪が降り積もるようにきらきら光ると今度はバラが赤く染まります。それが吹き飛ぶとパネルの上に描かれた野獣が王子に変わっていきます。

パナソニック製の有機ELパネルの画質が素晴らしいので、ぱっと見、絵に見えてしまう形の体験パネルになっているようです。

ガラスのショーケース内に展示されている衣装は、映画「美女と野獣」のプロモーション時に日本語吹き替え版でベル役を務めたミュージカル俳優の昆夏美さんと野獣役を務めた山崎育三郎さんがイベントやTV番組ご出演時に着用していた衣裳だそうです。

汐留エリアでは汐留B街区にある旧新橋停車場でもイルミネーションショーが行われています。日本の鉄道発祥の地ならではの汽車をイメージしたイルミネーションです。

開催期間は2017年11月16日(木)から2018年1月31日(水)期間中は無休で点灯時間は16:00~23:00までとなっています。
毎時 00分、15分、30分、45分には数分間のショータイムが行われています。


このあと銀座中央通りのイルミネーションを楽しみながら丸の内に向かいました。その時に撮った写真です。街路灯に吊り下げられた光の花かごが銀座の夜景をいっそう美しく見せてくれます。


2017年4月20日開業した「GINZA SIX」のエントランス前には巨大なクリスマスベルとバルーンドレスが一体化したような「ミラー・ベル・ドレス」が飾られていました。

銀座2丁目にあるブルガリ銀座タワーでは、タワーの正面部分に垂れ下がっている超巨大な蛇が輝いています。

スポンサーリンク

まとめ

汐留にはカレッタプラザ以外にもたくさんのイルミネーションスポットがあります。旧新橋停車場ではSLや新幹線を光と音の演出で表現しています。カレッタプラザの混雑にくらべると空いているので、のんびりとイルミネーションを楽しみたい人にはお勧めです。このあとは銀座中央通りのイルミネーションを楽しみながら丸の内に向かいました。

 

イルミネーション
スポンサーリンク
新しい瞬間