小説

今村昌弘「屍人荘の殺人」あらすじ・感想!常識を超えたクローズド・サークルに3冠受賞も納得の1冊

今回紹介する作品は、今村昌弘さんの「屍人荘の殺人」です。この作品は第27回鮎川哲也賞を受賞したのを皮切りに、「このミステリ―がすごい!2018」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」と、2017年の国内主要ミステリ小説賞で見事1位になり、デビュー作で3冠を受賞という史上初の快挙を達成しています。
小説

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」あらすじ・感想!泥棒黒澤が挑む驚きの逆転劇

警察に完全に包囲された絶望的な状況で相手を巧みにを欺き、驚きの逆転劇を見せる 伊坂幸太郎さんの「ホワイトラビット」。 2018年度版の「このミステリーがすごい!」第2位に選ばれ、他にも出版界における有名ミステリーランキング上位にランクインされた注目の一冊です。
小説

カズオ・イシグロ「日の名残り」あらすじ・感想!過去を悔いる衝撃の告白

今回紹介する作品は、1989年にイギリスで最高の文学賞とされるブッカー賞を受賞したカズオ・イシグロさんの「日の名残り」です。 以前紹介した「わたしを離さないで」でもそうでしたが、カズオ・イシグロさんの作品は「信頼できない語り手」というテクニックを用いて現時点から過去を回想する形がよく使われています。ですから、主人公の記憶を信じていいのか考えながらページをめくっていく必要があります。
小説

東野圭吾「パラドックス13」あらすじ・感想!東京から人が忽然と消えた

東野圭吾さんといえば「白夜行」や「容疑者Xの献身」など数多くの名作を出しているミステリー作家ですが、「パラレルワールド・ラブストーリー」のような理系出身ならではの作品でも楽しませてくれます。 今回紹介するのは2009年に単行本として発...
小説

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」あらすじと感想!生徒達が背負った残酷な宿命とは

2005年に発表された小説「わたしを離さないで」は本国イギリスで100万部を越えるベストセラーとなっており、映画化もされました。今回はそのイシグロ作品「わたしを離さないで」を紹介します。まさかと思わせるような結末ではありませんが、心が締め付けられるような、そんなラストでした。
イルミネーション

丸の内イルミネーション2017! 個性的な装飾に彩られたクリスマスツリー が各所に登場

丸の内エリアでは毎年恒例の仲通りイルミネーションに加え、花をモチーフとしたクリスマスツリーが各所で迎えてくれていました。 温かみのあるイルミネーションを眺めながら、美しい丸の内の街をぶらぶら歩いているだけでも癒されます。 行かれる方は是非イルミネーションと丸の内エリアに点在する創造的なクリスマスツリーを楽しんでみてください。
イルミネーション

2017年人気イルミネーションスポット「カレッタ汐留」汐留エリアではSLや新幹線のイルミネーションも楽しめる

汐留・カレッタプラザではディズニーの名作「美女と野獣」の世界観を光と音楽で表現したイベントが開催中です。 旧新橋停車場ではイルミネーション演出でSLや新幹線を表現しています。カレッタプラザの混雑にくらべると空いているので、のんびりとイルミネーションを楽しめます。 このあとは銀座中央通りのイルミネーションを鑑賞しながら丸の内に向かいました。
景色

平成29年秋季皇居乾通り一般公開!坂下門から乾門までの約750メートルを散策

おとつい皇居内で紅葉が見られる乾通りの一般公開に行ってきました。普段は皇室関係者などしか見ることのできない乾通りの景色を堪能できてよかったです。桜と紅葉が一緒に見られる貴重な体験もありました。来年に行われる春季の一般公開にも行ってみたいと思います。
イルミネーション

六本木ヒルズクリスマス2017!けやき坂を交互に染める光のカラーリングは必見

ミッドタウンで幻想的なイルミネーションを堪能したあと、近くの六本木ヒルズに、イルミネーション散歩してきました。東京には素敵なイルミネーションスポットがまだまだたくさんありますので、今度はそちらにも行ってみたいと思います。
イルミネーション

東京イルミネーション!「ミッドタウンクリスマス2017」宇宙空間をイメージした光のイベントを楽しもう

先週行ってきた東京ミッドタウンで開催中のクリスマスイベントを紹介します。宇宙旅行がテーマの「スターライトガーデン」は圧巻の美しさでした。他にも新エリアのスターダストゾーンやミッドタウンならではのイルミネーションを楽しめます。
スポンサーリンク