小説

東野圭吾「沈黙のパレード」仇討ちに隠された秘密!あらすじ・感想

ガリレオシリーズが始まって20年。 今作では、湯川が准教授から教授に、草薙は警部(役職は係長)に昇任していました。2人の少女殺人事件の真相が解明されない中、容疑者が殺され、その殺害方法がなかなか特定されない。 終盤、未解決のまま残された複数の謎が一気に解けていく、実に東野さんらしい作品でした。
小説

湊かなえ「贖罪」あらすじ・感想!恐ろしい償いの連鎖が始まる

今年の エドガー賞「ペーパーバックオリジナル部門」最終候補作に選ばれた湊かなえさんの「贖罪」。日本人作家でエドガー賞にノミネートされたのは、桐野夏生さんや東野圭吾さんに続き3人目でした。 惜しくも受賞を逃しましたが、湊作品は海外でも高い評価を得ているようです。 「贖罪」は、章ごとに語り手が変わり、湊作品でよく見られる独白形式で進んでいきます。
小説

村田沙耶香「コンビニ人間」芥川賞受賞作!あらすじ・感想

村田沙耶香さんは、2003年「授乳」で 作家デビューしてから14年目の2016年に「コンビニ人間」で第155回芥川賞を受賞しています。大学時代からコンビニ勤務の経験があるらしく、芥川賞を受賞した当時もアルバイトをしていたそうで、物語の面白さと共に、コンビニバイトのノウハウや裏側がきめ細かく描かれていました。
小説

東野圭吾「白夜行」異質のミステリー小説!あらすじ・感想

今回紹介する作品は、言わずと知れた東野圭吾さんの名作「白夜行」です。2人の心理描写が一切なく、読み手に動機と目的を想像させるという手法が使われているのがこの作品の特徴です。恐ろしい女性を描くのが得意な東野圭吾さん。 この作品でもその力を存分に発揮されています。
小説

湊かなえ「告白」完成度抜群のデビュー作!あらすじ感想

湊かなえさんのデビュー作となった「告白」。新人賞を受賞したデビュー短編「聖職者」で、無情な処罰を生徒に突き付ける主人公の復讐心にも圧倒されますが、この物語を様々な視点から解き明かす連作長編に仕上げた技術もさずがでした。
小説

湊かなえ「Nのために」あらすじ・感想!あの時、誰が誰を想い、何故そんなことをしたのか

今回は、2010年に単行本として出版された湊かなえさんの原作小説「Nのために」をネタバレを避けてあらすじを紹介します。 相手に知られずに、相手のためを想い行動する。 男女の心の微妙な動きがうまく表現され、時には切ない気持ちにもなるそんな純愛ミステリです。
小説

湊かなえ「ブロードキャスト」挫折と成長を描く青春小説!あらすじ・感想

今週発売された湊かなえさんの最新作「ブロードキャスト」。 新聞に連載されていたものを単行本化したもので、序章から始まり第1章~第5章、そして終章で構成された青春小説です。 今回も極力ネタバレを避けて、あらすじを紹介します。
小説

宿野かほる「ルビンの壺が割れた」覆面作家の鮮烈なデビュー作!あらすじ・感想

今回は、2017年08月に発売された「ルビンの壺が割れた」を紹介します。 前回のブログで紹介した「はるか」の作者でもある宿野かほるさんのデビュー作です。それにしても、ゾッとする内容の小説でした。 創作の部分も、もちろんあるのでしょうが、実話が基になっているというのも薄気味悪さに拍車をかけていますね。
小説

宿野かほる「はるか」AIとの愛を問う心打たれるラスト!あらすじ・感想

昨年「ルビンの壺が割れた」で、デビューした話題の作家、宿野かほるさん。今回紹介するのは第2作目になる「はるか」。初読みの作家さんでしたが、ページ数が少ないぶんテンポよく進んでいきました。作中、「AIに心はない、そんな風に見えるだけ」というセリフがあります。 そのことをわかっているはずのAIプログラマーでさえ心を奪われてしまう恐ろしさを感じると同時に、愛の哀しみに胸が詰まる作品でした。
小説

東野圭吾「魔力の胎動」あらすじ・感想!五感を超えた奇跡の能力

表題作となった「魔力の胎動」は「ラプラスの魔女」に繋がる前日譚。 被害者家族の謎の死以外にも、桑原と不審な女性の正体などミステリー要素が含まれており、円華は出てきませんが十分楽しめます。
スポンサーリンク