初夏の「くりはま花の国」を散策!新緑に彩りを添える花々を満喫してきました

景色
スポンサーリンク

5月の「くりはま花の国」をのんびり散策

5月中旬。ぶらり散策するのにぴったりの気候です。
新緑の「くりはま花の国」で多種多様な花々を観賞してきました。


JR「久里浜駅」または京浜急行「京急久里浜駅」から10分~15分ほど歩きますと、第一駐車場側の正門が見えてきます。

では「くりはま花の国」初体験です。


門をくぐると広場に出ます。臨時駐車場として使われたり、イベント会場に使われる事もあるらしいです。左手に見えるのは和風レストラン「うおくに花の国店」。


右手に売店が見えます。


この乗り物はフラワートレインですね。園内は広く、そこそこアップダウンがありますから、疲れやすい人にはありがたいですね。ゆっくり進むので景色も楽しめますし。

「ポピー園」


まずは真っすぐポピー園に向かうと、赤く色づいたシャーレーポピーが鮮やかに覆いつくしていました。秋にはコスモスが一面に咲き誇るそうです。


道沿いに咲くアグロステンマ。これがどうしてなかなか美しい。


ここから眼下に広がる花畑を堪能できますが、誰もいません。


5月も中盤に入り、ネモフィラ の見頃は終わっていましたが、そこそこ元気に咲いていました。ありがとうございます。


虹のように色とりどりで綺麗ですね。


緩やかな坂道になっているお花畑の園路。
とことこ歩いて行き、奥に見える階段を上りました。


園内は小高い丘になっていますので、軽いハイキング気分を味わいながら歩いて行きました。そこそこの運動です。

「冒険ランド」


「冒険ランド」に来ると大勢の園児たちが遊んでいました。


この広場は、様々なアスレチック遊具が設けられていますが、とにかくゴジラが大きくて目立ちますね。
しっぽがすべり台になっているみたいです。


こちらには滑走距離が長いローラータイプの滑り台があって、一緒に遊んであげている親御さん達も楽しそうでした。

道を挟んだ前に売店があります。


フラワートレインが冒険ランド前に止まると、お子さんたちがはしゃいでいました。
平和だなぁ、と感じながら次の目的地に向かいます。

気持ちのいい木漏れ日の中、園路を進みます。


先ほどのフラワートレインとすれ違いました。他にも蒸気機関車型のバスも運行しているようです。

 

「県木の広場」

途中に園路から右へ分かれていく坂の枝道が現れました。


上っていくと「県木の広場」に来ます。


園内はどこにいても緑豊かで癒されます。

「愛の鐘」


「愛の鐘」は「県木の広場」に設置されています。

ここにきて恋人同士で鐘を鳴らし、海を背景にツーショット写真を撮るのもいいですね。

「トンビなどの大型の鳥が皆さんの食べ物を狙っています」という注意看板がありました。後ろに見えるベンチで食事をとるなら気をつけましょう。


再び園路を歩いて散策開始です。

分岐点まで来ました。指導標に「天空の丘」と書かれた方へ進みました。

 


緑のゲートをくぐります。


見頃は過ぎていますがこちらでもネモフィラの群生が見られました。青く晴れ渡った空とネモフィラが作り出す青色の世界はとても綺麗です。

青い海を背景にネモフィラが見られるスポットもあります。

「ハーブ園」


天空の丘から階段を降りてハーブ園にやって来ました。


グリーンハウス(温室)がありました。


足を踏み入れた先にベンチがありますから、ここで休憩ができます。


階段を降りた先にも座れるところが用意されていますので、腰を下ろして普段見慣れない植物を拝見するのもいいですね。


足湯です。自分は遠慮しましたが、皆さん気持ちよさそうに浸かっていました。

ハーブ園内にも子供向けの遊具がそろっていて、小高い丘から滑り降りるような滑り台もあります。

冒険ランドにあった滑り台に比べずいぶんな高さとなかなかの斜面に感じます。

まあ、子供は喜びますよね。軽やかに階段を駆け上がり楽しんでいました。


ハーブ園にも売店はあります。

ガーデンレストラン「 ロスマリネス」


「県木の広場」を抜けた後、ハーブ園に向かわず、まっすぐ進むとガーデンレストラン 「ロスマリネス」があります。ペット同伴OKのテラス席とBBQサイトが人気のようです。


海に向かって設置されたテラス席でゆったりと流れる時間を愛犬と過ごしている方もいました。


高台から海を眺めて頂くコーヒーはおいしかったです。
心地よい風にあたり景色を堪能したあと、レストランを後にしました。

この日はこれで帰ろうと思いましたが、正門をくぐって左側に見える坂道が気になります。地図によれば冒険ランドに繋がっているはずです。ちょっと覗いてみました。


階段をグングン上がって行きます。人通りは少ないようです。


途中、展望台を見つけました。なかなかの眺めです。


散策を再開。初夏のさわやかな木漏れ日が気持ちよかった。


下に降りていけば「ゴルフ場」。
そのまま道沿いに進めば、「冒険ランド」に出ると、道しるべが教えてくれます。


そしてあの大きい怪獣が姿を現します。

感想

やはりこの時期に来て正解でした。暑くなり過ぎずに、色とりどりの花に加えて、生い茂る樹々が目を楽しませてくれますから。あまり虫にも刺されないし。

とは言っても、訪れる時期によって花々も変わりますから、多種多様な花を楽しむために次はいつ来ようか考え中です。

まだまだ見所がたくさんある「くりはま花の国」でした。

 

景色
スポンサーリンク
新しい瞬間